人気ブログランキング |

<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Maine-et-Loire

e0300726_10562082.jpg

フランスはメーヌ=エ=ロワール県の古城へ行った時の事だった。
アンジェの街で借りたフィアット社の緑パンダは燃費も良くて助かったが、
天候には恵まれず、幾度と遭遇する分岐ロータリーでは標識を見間違え逆走することも
しばしあった。躊躇なく浴びせられるクラクションに流石ラテン系だなと感心しつつも、
日本の教習所で習った「ゆずり合う精神」は世界では通用しないと改めて悟ったのだった。
e0300726_1056758.jpg

お城までの道のりはというと、どこまでも続く田園風景と植樹された防風林、
お国柄なのか風景に可愛く佇む電柱が申し訳なさそうに曲がって立ってたりする。
お目当の村までは食事ができそうなお店は見当たらず、お城に着いた時はもうペコペコにお腹が空いていた。
e0300726_10555460.jpg

出迎えてくれた2匹の老犬とロートレックの絵画にでてきそうな、美しくてまつげの長い黒猫のコーヴィ。
女主人のキャロリンには僕のコーヴィの発音が間違ってると何度も何度も言い直しさせられてしまった。
e0300726_10553838.jpg

到着した日は日曜日。コックは休みでキャロリンも夕食の準備はしないということだ。
イタリアから持ってきたおやつでは心許無いと思ってたら、前日から宿泊してたフランス人の熟年夫婦が
夕食のレストランに一緒に連れてってくれると申し出てくれた。
e0300726_10551793.jpg

夕食への出発時刻は20時、それまでは近くの村を散策しよう。
標識を頼りにたどり着いた村は閑散としており、住人にも全く出会うこともなかった。
寂れた古城は白ワインの工場として稼働してた形跡があるが、今は閉鎖の看板が掛かっていた。
そういえばロワール県は白ワインの産地で大変有名だが、宿泊先の古城でも作ってるがロワール県のスパークリングワインは格別だったりして、そういうのはあまり知られてなかったりする。
この辺りから急激に体が寒気を催してきた。  多分アンジェの街で雨に打たれたせいだろう。
食事をしてゆっくり休めば翌日の撮影には治るだろうと思っていた。
フランス人夫婦が乗るベンツが先導し、クネクネした農道を20分程走った。
連れて来られたレストランはなんとベルギー料理の店。
この辺の村ではレストランは数件しかなく、しかも日曜日に開店してるのはこの店だけということだ。
席に着くまでの前室では壁に並べられた数え切れないくらいのワインコレクションとテーブルに並べられたチーズの山。
ベルギー料理は特に珍しい食材があるわけでなく、フランス食材の無難なメインデッシュを食べ終わった頃は22時でちょうどよい時間だった。
アルコールも入った僕の体の中では風邪菌どもが今季最高の台風並みに猛威を振るっていた。
とにかく早く部屋に帰って眠りたかった。
しかし僕の他に3組のカップルがいたが、皆食事が終わっても帰る気配が無い。
数分後に誰も席を立た無い理由が判明した。
ここの売りはワインコレクションでもなければ種類豊富なチーズでも無い、店主が歌うオペラだったのだ。
日曜日のディナー後には必ず歌を披露するということで、面白がって皆が集まるというのだ。
ツーリストをも巻き込み田舎の日曜日の余興にしては良い考えではあるが、
何も今日くらいは休みにしてもいいでしょうと思ったのは、僕だけでした。
e0300726_1055451.jpg

歌声は?というと2時間半、拷問が続いたのだった。

by takujiotsuka | 2015-12-19 15:04 | Photo Gallery | Trackback | Comments(0)

Giubileo

e0300726_1861290.jpg

明日8日はヴァティカンでジュビレオが始まり、サンピエトロ大聖堂の聖なる扉が開けられるという事で、
凡そ10万人の信者が世界中から聖なる扉をくぐりにくるそうですね。
ジュビレオとはなんだか聞きなれない言葉だけど、聖年という意味らしい。
聖年とはカトリック教会において、ローマ巡礼者に特別の赦しを与える、とした年ということです。
聖なる扉は25年に一度開かれ、その扉を潜れば罪が清められると言われているが、
前回は2000年に開かれたので本来なら2025年の筈ですが、法王フランチェスコが
今年は特別の聖年にすると発表したという経緯なんですね。
e0300726_186076.jpg

近頃は信者離れが進みカトリックでも深刻な問題になったりで、法王自身も歳を考えると2025年まで聖年を待ってられないから、ここら辺で切り札を出しましょうってことでしょうか。
e0300726_1854437.jpg

日本人はアンチ宗教なので、おおっぴらに話をすると変な人に思われてしまいますが、言ってみればしっかりと子供の頃から教育されてないという実情から、拒絶反応がくるのかもしれませんね。
イタリア人と仲良くなると必ず聞かれる事といえばサッカーと宗教の話になりますので、
彼らと対話するにも自分の宗教観は持ってなくてはいけないという事になります。
何れにしても、12月のromeの活気はすさまじいです。それこそがお店なんかもSALDI SALDIで思わずなんか買ってしまう勢です。
イタリア中この時期は皆がお金持って出歩くので、きっと泥棒も大忙しでしょう。
e0300726_1853243.jpg

宗教といえば、思い浮かべるのが敬虔なとか寡黙さとか思い浮かべてしまい、何だか携帯の2年縛りみたいで息苦しく感じてしまいますね。
そういえば最近日本で知り合ったネパール人の話ですが、
彼らは日本語学校に通いながら仕事をしている人達で、僅か2年で日本語をマスターし僕ら日本人と
同じ仕事をこなすとても優秀な人材です。
そんな彼等の信じてる神はシヴャ神で彼等に「シヴャ神」って一体どんな宗教?と聞いた事がありました。
僕でも知らない四字熟語を使いこなす彼等でも、一言では語る事ができなかったです。
きっと宗教ってそんなもので高僧でもないかぎり、なんとなく認識してますでいいのかな。
それでもやっぱりシヴャ神を崇めてる以上宗教儀式は行ってるようで、特に女性はここ日本国においても、断食期間は仕事も控え家に篭ってるようです。
e0300726_1851766.jpg
e0300726_1851050.jpg
e0300726_1844582.jpg

確かに日本に来てるネパールの女性はスリムで敬虔に教えを守ってるように思えましたが、
男性はというと、ぽっちゃり君になっていました。
僕が「その腹でてるけど断食してるの?」と聞いたところねネパール人男性は
「そんな無意味な事はしない!!私が偉くなって断食なんてものは無くしてやる!!!もう、1日5食たべたいよ〜」とシヴャの教えを破りまくってましたが、
もしかして禁断のブタ肉にも手をつけてたりして。



by takujiotsuka | 2015-12-07 20:17 | Trackback | Comments(0)