Cavour

e0300726_9301933.jpg

イタリア時間というものを経験すると、日本のように時間に追われる毎日はとても馬鹿らしく
思えてくる。もちろん世界中どこへ行こうとも1日は24時間なわけだからイタリアだけ時間が遅れて
進んでる事ではない。しかしながら体感時間は日本と比べようもないくらいゆっくり進んでいる。
今年のサマータイムの開始日時:2016年3月27日(日)2時0分 ということで乾季に入りプラス1時間、時間を進めるのだけれど、夏に向けて徐々に日の入りが21時近くになるのでこうした体感現象が起こるのだろう。
e0300726_9304298.jpg

滞在中、カヴールにある事務所で寝泊まりしてる時の日曜日の午前中は決まってコインランドリーで洗濯日になっている。
敬虔な信者がゾロゾロと教会に向かってる時間帯に洗濯物を担いで歩くというのは巡礼者の気分だが、
カタルシスより洗濯を選ぶ自分はやはり日本人なんだろう。
イタリアのコインランドリー事情で日本との違いといえば全くの無人ではないという事だ。
それはCavourにある2件のコインランドリーに限ってなのかは定かではないが、
安全面なのかとにかくイタリアのコインランドリーは無人ではなく内勤者がいて、両替などの対応をしてくれるは助かっている。
料金は洗濯3ユーロ乾燥4ユーロといったところだ。円換算するとけっこうな割高になっている。
また、2ユーロ足せば洗濯と乾燥をお願いして後日引き取りにいけば畳んで袋に入れてくれてるというサービスを彼らはしている。
大概は店の中やら外で洗濯が終わるまでうろちょろするわけだ。
と、其処に熊の様にでかい浮浪者がやってくる。名前は分からないけどCavour界隈を縄張りにしてる浮浪者だ。
e0300726_1054281.jpg

コインランドリーの3件隣にはカフェの自動販売機があって1杯0.5ユーロでカフェが出てくる。
実は彼と僕は其処の常連組というわけで顔見知りというわけだ。
日本でいうところの同じ釜の飯を食った仲間という意識なのだろうか?
彼は、朝教会から紙袋いっぱいに施しをうけたパンを僕に差し出すのである。
e0300726_1174815.jpg

トラックバックURL : https://takuji23.exblog.jp/tb/24179170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by takujiotsuka | 2016-02-29 11:10 | Photo Gallery | Trackback | Comments(0)