Piazza del Popolo

e0300726_16171529.jpg

ローマにあるポポロ広場は、巡礼者のローマの入口に当たる広場ということで
16世紀ベルニーニによってポポロ門が装飾がなされたということです。
広場に入るとサンタ・マリア・デル・ポポロ教会があり芸術家の作品が無料で見ることが出来きます。
特にカラヴァッジョの作品を観に何度も何度も通いました
鑑賞者さえも飲み込もうとするカラヴァッジョの描く黒が、べっとりと絡みついてきます。
激昂し殺人も犯した天才の作品は、不思議と押し付けがましくなくないという印象でした。
日本でも2016年3月1からカラヴァッジョ展が国立西洋美術館で展覧会予定されてるという事ですね。
e0300726_1617675.jpg

ポポロ広場の横にはロ-マ七丘に数えられるピンチョの丘があります。
景観の良さなら他にもたくさんあるので、ツーリストは少なかったように思いますが
セグウェイツアーの出発地点だったり、電気自動車の試乗会場に使ったりと大々的なイベント会場
の場でした。
e0300726_16165681.jpg

ローマ発祥の地はパラティーノの丘と言われています。
敵の襲撃にいち早く備えれるよう七丘に囲まれた場所に、都市ローマが成立していったということです。
ピンチョの丘に登ってみるとボルゲーゼ公園と続いており、その谷間をムーロ・トルト通りが走っています。ムーロ・トルト通りはアウレリアヌス城壁に沿って走る道で、ピンチアーナ門に続いているのですが、
つまりヴァチカンに向かう交通ルートして時間帯によりますが、テルミニ駅から最短でいける道になります。
e0300726_16163281.jpg

ローマ制空権の覇者は、海鳥です



トラックバックURL : https://takuji23.exblog.jp/tb/23801110
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by takujiotsuka | 2015-10-23 18:19 | Trackback | Comments(0)