Roman Catholic Church

e0300726_15285066.jpg

永遠の都ローマ。
ローマにはキリスト教芸術の最高峰とされる数々の名画や建築物が街中に溢れています。
その精神世界の門戸として役割を果たしているのが教会といえます。
ミケランジェロ、ベルニーニ、カラバッジォなど歴史に残る名画が無料で鑑賞できるのは
ローマ以外ではまず考えられません。
e0300726_15283838.jpg

実際、ローマ市内における教会に数は300とも400とも言われていますが、正確な数字は
誰に聞いても知らないという答えが返ってきました。
e0300726_15282469.jpg

最近になってイタリアのニュースですが、
国外に国宝級の絵画や名画を中、長期貸し出ししてるので国内展示の妨げになってる
というニュースが流れたと話に聞きました。
展示してる国は大きな収益を上げてるが、貸したイタリアは展示品が無く閑古鳥が鳴いてる、
イタリア人って商売が下手だよねって内容らしいです。
e0300726_1528936.jpg

e0300726_152753100.jpg

教会にしても博物館、美術館での写真撮影は事前に確認しなければいけません。
世界遺産でも写真O.Kの場合があるのはびっくりします。さすがイタリア!
余談ですが、basilicaとはローマ風の聖堂 会堂とあります
すなわち教会という意味で現在使われてますが、語源を辿ると集会場の意味を指し
古代ローマでは政治家が演説する場所になっていました。
古代にはもちろんマイクなどありませんから、石作りの壁龕で音が共鳴するよう設計されています。
イタリアにおける博物館、美術館は遺構の後に作られた石作りの建築物ですから、
それは大きなシャッター音が鳴り響くというわけです。
e0300726_15273962.jpg
e0300726_15272843.jpg
e0300726_15271575.jpg

写真は2014年12月のプレセピオです。
キリストの誕生を祝う人形劇です。街中がそんなムードなものですから25日キリストが
飾られた時は感慨深い気持ちになりました。
また、現代のキリスト像は信じる国によって様々なようで
肌が褐色のキリストが誕生した地域もありました。



トラックバックURL : https://takuji23.exblog.jp/tb/23714059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-11-01 22:28
タイトル : 町を戦火から救った、キリストを描いた世界一の名画
サンセポルクロ ⅠSansepolcro サンセポルクロは、人口約16,000人のイタリア南トスカーナにあるドォーモの広場を中心に四方に500メートルほど小さな町です。サンセポルクロは、ピエロ・デッラ・フランチェスカが生まれた町で、その家は現在ピエロ・デッラ・フランチェスカの研究所になっており、その向かいの「ピエロ・デッラ・フランチェスカの庭」呼ばれる公園の中央には彼の銅像が立っています。... more
by takujiotsuka | 2015-09-26 17:47 | Trackback(1) | Comments(0)