Menton

e0300726_138156.jpg

コート・ダジュールのマントンはイタリアとの国境にある静かで美しい町だ。
ジャン・コクトーが自らの生涯を記録する新コクトー美術館がある。
e0300726_138487.jpg

ニースを拠点に滞在するならばモナコ、エズ、サンポール、ヴァンスそしてマントンと優雅で充実した観光を楽しめる。
先ずはカーニュ・シュル・メールへ ルノワールが晩年に過ごした自宅とアトリエがそのまま美術館になっている。Hotel Negresco前から100番バスで40分位で到着だったと思う。
もちろん地図など持っていない。迷いながらそれでも一歩一歩力強くと目的地へ向かう。
小さな丘を登り中腹に差し掛かるとき美術館が見えてきた。
途中、観光客にすれ違うこともなかったので不安だったが、
案の定改装中だった。
どうやらルノワールには振られたようだ。
e0300726_1375376.jpg

4月のコート・ダジュールは大変過ごし易い。ちょうど北海道の初夏に近いと思う。
次の日サンポール、ヴァンスへ向かう。あいにくの雨模様で気温は下がっている。
着替えなど持ってこない。ヨーロッパの格安航空会社運賃の最安値は3000円位だと思う
荷物が増えるたびに料金が嵩むので最低限の荷物しか持ってこなかった。
雨足が途切れず、ヴァンス村ではかなり迷うはめになった
きっと雨のせいで嗅覚が鈍ったのかもしれない
やっとのおもいで、ロザリオ礼拝堂についた頃はもうへろへろだった。
教会の一箇所しかないトイレを外国人のおばちゃんと取り合いになったりで
外観の美しさはゆっくり見ることはできなかった。
それでも礼拝堂は一見の価値があることは間違いない。
3色の色彩と線の配置が神格化を図り、シンプルが故作者マティスの真理の探究へと導かせてくれる。
そういえばマティスは法王の衣(?多分)を製作し、ヴァティカン美術館に収蔵されているが、
お裁縫をしているマティスをイメージすると何だか微笑ましい気がしてならない。
e0300726_1374212.jpg

さあ、そしてマントン。
先日の夕食の際、行き方を予習したので間違いはないだろう。
この停留所から⚪︎⚪︎番バスだ。多分これと思われる予定のバスが着たが、見るからにちびバスだ。
ほんとに大丈夫だろうか?恐る恐る乗り込む。
乗客は僕一人。
海岸沿いにニースの町を半周して終点だった
僕の短く、一足早いゴールデンウィークはそこで終了した。
e0300726_1373222.jpg

そして翌年、revengeがおとづれた。
なんのことはないコート・ダジュール空港から直接マントン行きのバスが出てたのだ。
場末の寂れた漁港をイメージしていたが、やはり観光地コート・ダジュールだけあって
それを許してはくれなかった。
ただ、ニースなどに比べてお高くとまってない所が肌に合っていた。
e0300726_1371883.jpg

車でこの辺りの海岸線をゆっくり周れたら、良い写真が撮れそうな気がした。
トラックバックURL : https://takuji23.exblog.jp/tb/23588975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by takujiotsuka | 2015-08-22 15:11 | Trackback | Comments(0)