そしてProcidaへ

e0300726_20343195.jpg

そして、ナポリから近郊の島プロチダへ
ナポリ港から高速船で40分
カプリ イスキアに行かずプロチダ島に行くのには大体皆同じで
映画「イルポスティ-ノ」に感銘を受けて訪れるというのが定番だと思う。
僕もその一人で、あの映画のイメ-ジを撮影したくて訪れた。 
e0300726_20342263.jpg

訪れたのは4月でシ-ズンオフだったが、高速船の便もそれなりに多かったと記憶している。
朝、港を出て夕方にはナポリに戻ってこれるし
僕はそこからEurostarに乗ってromeに帰る事ができる
e0300726_203466.jpg

プロチダ島の船着き場を降りると、何となく懐かしい気持ちになった。
日本の孤島の素朴さと似て幼少時に住んでた利尻島の港を思い出したからだ。
e0300726_20335615.jpg

子供の頃の記憶がよみがえりだすと、地図などいらない。
本能の赴くまま行動だ。といっても道は一本道。
登って下って1時間くらい歩くと映画の舞台になったコッリチェッラ港に着いた。
小さな小さな漁港。
地元の漁師が網の手入れをしている。
そして映画の主人公マリオが岸壁で波の音を集めてた映像を思い浮かべてみた。
イタリア時間というものがあるが、ここはそれ以上にゆるやかに時間が流れている。
なるほど、ここはしばし都会の喧噪 を忘れるために訪れる場所で、写真を撮るために訪れる場所では無かったようだ。
e0300726_20334373.jpg

e0300726_20333239.jpg

それにしてもコッリチェッラ港で飲んだespressoは最高に美味かった。
トラックバックURL : https://takuji23.exblog.jp/tb/23322998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by takujiotsuka | 2015-06-25 21:20 | Trackback | Comments(0)